Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お世話になりました。

今年ももう終わりを迎えますが、お世話になりました。

小説の方は、スランプなのか遅々として進まず、という、お待たせしている方には悪い状況なのですが、来年こそは!!と気合いを入れて頑張りたいです。

ということで、来年もよろしくお願いたしますm(_ _)m
スポンサーサイト

別館へのリンク

こっそりと、別館へのリンクを張ったり。

どうして別館を作ったのかと言いますと、うーんと、なんと言いますか、私の個人的な考え方によるものです。

私的な考えなんですが、小説を読みに行くときに、作者のイラストを見るとイメージが固定されちゃうんですね。

もちろんふつうの市販の小説に表紙などのイラストがあるのは全然かまわないんです。表紙買いというのは私もよくします。

でも、私の絵というのは所詮素人の絵ですから、小説のイメージを壊されたくない人のことを考え、同じサイトでの運営はやめました。

ならなんで絵をかくようなことになったのかというと。まあ、別館は一人でのゲーム制作サイトでして、どうしても自分で絵を描かなくちゃならないゲームでしたのでね。最初は絵なしで、とか思ってたのですが、話の都合上、ジャンルの都合上、無理でしたね。ははは・・・・・・。

ちなみに、「stone rio」で掲載の小説のゲーム化ではなく、別館のゲームは完全新作です。
女性向けなゲームですから、こちらに掲載の小説(「だから彼女は花束を抱える」とか「奪ふ男」とか)に傾向は似てます。
同じ人間がかいてますからね。

ゲーム制作にはちょっと慣れましたので、こちらの小説をゲーム化(イラストなし)で作るのもアリかな、と思ったり。そのときは「stone rio」で公開できればな(という希望)

別館も落ち着きましたので、「stone rio」に心を戻しまして、しばらくは「奪ふ男」に全力投球させていただきます。今月更新に向けてがんばりますよー。

うあっ

何人気づいたのかわかりませんが……こちら「stone rio」に別サイトの情報を転送してしまった……。

あわててさっきなおしたけれど、今度から気をつけよう。
ほんと、私ってこういうの、素人だなあ。
何年もサイトを運営してるけど、こういうミスを何度起こしてきただろう……。
ああ、理系の脳がほしい!

というわけで別サイトを運営してるわけですが、
しばらくしたらリンクでも張りますね。

「奪ふ男」の連載は9月には更新したいと思います。おおお、数ヶ月で更新すると言っておいて、こんなにかかったよ……。
(言い訳:しかし奪ふ男連載開始の5年ほど前からずっとずっと完成させたい別のものがあったわけで、それの完成の目処がついたのでそれに全力投球してたんだよなあ……)
9月なら時間もできるので、更新したいと思います。(よし! プレッシャーかけられた)

更新情報(4月24日)

「奪ふ男」の「ジョーカー」3-4UPしました。

さて、智明は上昇気流?に乗ってますねー。

次は5月か6月までに更新する予定です。(こうして毎度自分にプレッシャーかけてるわけですが……)

メールやウェブ拍手などへの返信はしておりませんが、くださるコメントや感想などは、とても嬉しいです。いつもありがとうございます。これのおかげで書けているようなもので……。

地震つかれました

東北太平洋沖大地震に被災された方は、心からお見舞い申し上げます。
早くライフラインが復旧し、多くの方が救助されますように祈ります。



あとあと忘れないための記録。

私は東京にいて無事だったのですが、埼玉まで帰るのにつかれました。
当初は首都圏各地にいる家族に電話やメールを送って安否を知ろうとし続けてました。
なんとかメールできょうだいとは確認がとれて、そのきょうだい経由で親の安全は確認はとれましたが、電話は数時間かかりましたね。
結構地震直後から電話をしたのですが、その時点でもうすでに通じなかった……。

同じく埼玉方面に住んでいる方と一緒に車で帰ることにしたのですが、これが大失敗。
渋滞、渋滞、渋滞の嵐。数キロで1,2時間。
Uターンして一度戻ることに決めました。
歩いて帰るか、泊まるか、少し休んで歩くか、の選択をみんなで車の中で話し合い続けました。歩いたらおそらく8時間以上かかる、電車はいつ復旧するかわからない。
結局、12時過ぎに戻って人心地ついてから、また話し合い、結果、深夜に動いていた私鉄経由で帰ることに決定。
全然使ったことのない、自宅からは近くない線でしたが、とりあえず都内から出るために。みんな早く帰って、直接家族の無事を確認したかったですしね。連絡が取れない人もいましたし。
ぎゅうぎゅうでしたが、なんとか到着。私鉄の方には、感謝してもしきれません。そうしてなんだかんだと家に到着することができました。

思い出すと、渋滞で動けない車の中では、テレビを見て災害の状態を知っていったり、家族に何度も電話をかけたりメールを送ったり、ということを繰り返していました。途中でコンビニに行ってトイレを借りたり買い物をしたりして。コンビニには食べ物はほぼなかったですね……。

家族の中では東京都内を5時間歩いて疲れて新宿駅の地下に座り込んだ、なんていうのもいましたが、結構な数の人が歩いていましたね。住処が都内だったら、わたしもそうしていたのかも・・・。
スニーカー履けば良かった、どうして今日これを履いていないんだ、とは当初から後悔していました。こんな事態、想定していなかったですから…。

翌日の12日に、岩手に住む親族の安否を確認できて、ようやく落ち着いた、という感じです。

被害の大きい地域ではまだ大変な思いをされている方も多いと思います。
原発のことも気になりますし、寒い地域ではつらいことも多いでしょう。
多くの方々の安全と無事を、お祈りしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。